FC2ブログ

(C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2006 BROCCOLI/ GungHo Online Entertainment,Inc./ HEADLOCK Inc.
(C)2002 SD EnterNET/SUCCESS/ GAMESPACE24 2002-2006

当コンテンツの再利用(再転載、再配布など) は禁止しております。

Motion Clock 1

Flashカレンダー



プロフィール


めじゃ


Author:めじゃ
RisingOperationの管理人です。
RO/Alvitr鯖でまったりまったりと
ミンストレル(Measure Jstars)を育成中。
ECO/Clover鯖でアーチャー系
ガンナー(Measure)を育成中。
NF(アメリカ・カイザーサーバー)/目下対潜策敵、中距離対空射撃のスキル修錬中
(6インチ連装両用砲装備クリーブランド)

るち!<(○'ω'○)ビシッ!

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 20140727Gv覚書

こんばんはMeasureです。

今回もまた遅れてしまいましたがレポです。
今回は指揮担当でした。
色々チャレンジしてみたいという意見がありましたのでN3防衛としました。
が、ふたを開けてみると欠席が相当数(先週以上)に上ったのでかなり実施が危ぶまれましたが・・・

○N3防衛戦その1
・防衛方法は、いままで防衛してきたおこげ同盟の方法を、そのまま真似た感じでした。
・とはいえ物まねなので、ちょっとした隙から一気に押されるなどかなりひやりとしたところもありました。
・ギリギリまで粘られたのは、普段以上に配置されていた2PCの賜物と自分は思っております。
・あとは地形的と構成的に呪縛がしやすかったというのもあったかもしれません。
・どうしてもうちは処理に時間がかかるので、できるだけ相手を分散させる必要があり、引き入れてまとめて無力化、ないし最初から押せ押せで圧倒するというのが難しいところではあります。
・途中から、サブGに力点を移したのか、大量のデコイを入口に置かれサブマスターに泣きが入りかなり戦局が怪しくなったのですが、サブ所属の人の機転で復帰できる様になってからは、また安定したのではないでしょうか。

○N3防衛その2
・おこげ同盟が撤退したため、攻め先としてF4を選定して準備を行いますが・・・
・さきに、おこげ同盟+かもす同盟に攻められます。
・攻め側が防衛側よりも+1同盟となったため、かなりの苦戦が予想されましたが、防衛にトライしてみます。
(攻め側が、防衛側よりも+1同盟となった時に守り切った例はここ最近ないような気がします。)
・2PCによる妨害が、限定的(要は掛けきれない人がでてくる)、残影呪縛の量が増えるというところでやはり、あっけなく防衛陣地は崩壊し陥落しました。
・N3をこの守護石で守り続けるのは無謀ということで方針転換。攻め先を改めて探します。

○F4侵攻
・F4はどっちかというと戦いに行くというよりもF4自体が欲しいという動機で攻めました。
・ちょっと時間的に無理かもという気はあったのですが、かといってほかにやることはない&士気も上がっていたのでGO
・かもす同盟の戦い方が依然と違うように思えるのは自分の気のせいかもしれませんが、一時期のEE同盟っぽい感じがします。(逆にEE同盟は以前の妨害重視というよりも突撃が多くなってきたようにも感じます。)、気のせいかもしれませんが。
・大体が、相手EMCに付け込む感じで間合いを詰めて突破することが多かったでしょうか。これもひとえに人数差のおかげだと思います。(お互い同数やられても、絶対数で勝るのでEMCを掛けたときに残った人で押し切れるという感じでしょうか)
・バリケ戦になってからは、おこげ同盟の援軍が現れ、後方を扼します。
・こうなると、うしろを気にしすぎて前方の戦いが膠着&押されるという場面がちらちら出てきます。
・結果的には1PTほどの援軍だったため、前にひたすら集中し強引に前進することで突破することはできましたが、守護石より、かなり苦戦しました。
・割った後はカウンターもないためそのまま確保ということで所期の目的を達することができました。

○派遣
・N2は、戦力の差もありますが何よりも援軍が来ないという点で選びました。
・FEは分散派遣という形になりましたが、フォローが足りずぱらぱらと陥落する結果に;

今回はいろいろ試すことができました。そしてそれなりの結果も得ることができたので良かったと思います。
それにしても+1同盟を相手にすると、自分たちがN3を攻めたときもそうですが、さすがのN3でも防衛は厳しいところです。
相手よりも数をそろえるというのは、何らかの目的がある場合は必須ですが、そのあたりの指標は+1同盟という感じになりそうです。ただ、2対3となった場合は、サーバーが負荷に耐えきれていないというのもありますので単純に人を集めれば・・・というわけではいかないところがまたつらいところです。

ということでお疲れ様でした。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。